純金積立ランキング

純金積立ができる会社を投資金額、手数料で比較

初めて純金積立を始める際に気になるのは、いくらからできるのか?そして、手数料やコストがどれくらい必要か?だと思います。
 投資としての積立のコツは、少額でも毎月コツコツ続けること。コツコツ続けられる投資先を選ぶため、投資金額と手数料をメインに表にまとめました。

会社名 投資金額 購入手数料 年会費 スプレッド
楽天証券
キャンペーンあり
1000円~
1000円単位
購入代金の2.625% 無料 80円
KOYO証券 3000円~
1000円単位
無料 年会費1500円 63円
エース交易 3000円~
1000円単位
購入代金の5%
1万円以上なら1.7%
無料
(初回口座登録料2100円)
63円
三菱マテリアル 3000円~
1000円単位
購入代金の2.5% 840円 84円
田中貴金属 1000円~
1000円単位
購入代金の1.5~5.0% 1050円 84円
三井住友銀行 3000円~
1000円単位
購入代金の2.5% 1260円 63円

楽天証券

1000円から積立OK!初心者にぴったり!

楽天証券の純金積立
 2012年5月より純金積立の取扱いが開始。後発とあって、初心者に投資しやすい商品となっています。
 投資金額は、最小の1000円~、年会費・保管料なども無料で、手数料は2.625%。他社と比べて毎月5000円程度の積立までは、トータルコストが最も安くなります。
お勧め度 投資金額 年会費 手数料 スプレッド
★★★★★ 1000円~
1000円単位
無料 2.625% 80円

KOYO証券

購入手数料無料。大きく積み立てたい方に

KOYO証券
 KOYO証券は年会費は1500円かかりますが、払ってしまえば、購入手数料無料、スプレッドも最安とコストパフォーマンスがいい証券会社です。
 楽天証券と比べてもコスト的に毎月5000円あたりがコストの有利不利の分岐点になる感じです。
お勧め度 投資金額 年会費 手数料 スプレッド
★★★★★ 3000円~
1000円単位
1500円 無料 63円

エース交易

毎月1万円以上なら購入手数料が1.7%

エ-ス交易
エース交易の純金積立もコストが安い会社。年会費が無料で、毎月1万円以上の積立をするなら、手数料が1.7%と非常に安くなります。
お勧め度 投資金額 年会費 手数料 スプレッド
★★★ 3000円~
1000円単位
無料
口座登録料2100円必要
5%
1万円以上なら1.7%
63円